picture

情報元

“18番の悲劇”にペ・ソンウ「悔しい思い」
プレーオフで渋野日向子に連敗も最後ハグで祝福
<樋口久子 三菱電機レディス 最終日◇31日◇武蔵丘ゴルフコース(埼玉県)◇6650ヤード・パー72>

2打リードの単独首位で迎えた最終18番に“悲劇”が待ち構えていた。トータル9アンダーで並んだ渋野日向子とプレーオフを戦い、敗れたペ・ソンウ(韓国)は「次のために色々と自分のいいところを作らないといけない。また勉強していい結果を出せるように頑張ります」と悔しさを押し殺すように話した。

渋野がバーディを奪い、1打差に詰められた最後のグリーン上。ここで1.5メートルのパーパットを沈めれば優勝だったが、無情にもボールは左に逸れていった。「悔しい思いがありました」とそのショックは大きい。そして続けて同じホールで行われたプレーオフでは、ライバルがイーグルで勝利を決める瞬間を見届けることになった。

「(プレーオフ後)気持ちの変化はそんなになかった。渋野選手のセカンドショットがすごくよかったので、それを見たときはちょっとガッカリはしました」。自身のイーグルトライはグリーン手前のカラー15メートルほどの位置からだっただけに、2オンに成功した相手のショットも大きなプレッシャーになった。

渋野とは3週前の「スタンレーレディス」でも、4人が参加することになったプレーオフで戦い、2ホール目で敗れた。これでプレーオフ通算戦績は1勝4敗に。2019年の「北海道meijiカップ」でテレサ・ルーをくだして以降、3連敗となった。2日目終了後には、ほかの大会でも何度も優勝争いを繰り広げた渋野に対し「今まで争ったときは渋野選手が2回優勝したので、1回くらい私に譲ってくれてもいいんじゃないかな」と冗談めかして話していたが、その思いは実らなかった。

それでも「今回はもったいないところもあったのですが、また次もベストを尽くします。あまり試合は残ってないですが、今年の後半になっていいプレーができるようになってきました」と前を向く。プレーオフを終えた後には、スタンレーの時と同じように笑顔でライバルと抱き合い、その勝利を祝福。今回もグッドルーザーぶりを、試合を見届けたファンの印象に残したはずだ。


関連記事


この記事への反応

  • ぺ、ソンウさんも凄かった!
    勝者をたたえるのは、最高のプレーだと思いました!
    渋野日向子さんもぺ、ソンウさんもこれからも素晴らしいプレーを期待しています!

  • 渋野選手目当てで見てて、初めてペソンウ選手を生で見ましたが、他の選手が打つ時にギャラリーに気を配ったり子供に笑顔を振りまいたり感じ良くて、とても応援したくなる選手でした。

  • 中継見てて相手のプレーを讃える素晴らしい人だと思った
    頑張ってほしい

  • ワタシはシブコファン。でも今日の試合はペ・ソンウの信じられないミス続きで勝ちを拾ったようなもの。
    他にも強い選手がいるので、優勝は簡単ではないだろうが、次は圧倒的な強さで勝ってほしい。頑張れ。
    一方、ペ・ソンウには今シーズン中に勝ってほしい。と思わせるプレーだった。
    スイングもダイナミックで好きだなあ。頑張れ。

  • ペ・ソンウ選手は心が綺麗で優しい選手と思います。
    今後は、応援していこうと思いますので、頑張って下さい。

  • 渋野さん優勝おめでとう!
    まさか18番で2パットで優勝から、3パットボギーになるとは。。。
    グッドルーザーとあるけど、あれは自滅でありよい負け方ではないね。
    ペ・ソンウさんの実力は確かなので、今後もいいプレーを見せてほしい。

  • ペソンウは可愛いと思う。
    頑張って!

  • 国籍なんか関係ないスポーツマンシップ。
    応援したくなるね。