picture

情報元

渋野日向子が今季2勝目&ツアー通算6勝目
「これだけ落ちぶれても、応援して下さる方々がたくさんいたから」
◆女子プロゴルフツアー▽樋口久子・三菱電機レディス最終日(31日、埼玉・武蔵丘GC=6650ヤード、パー72)

渋野日向子(サントリー)が、通算9アンダーで並んだぺ・ソンウ(大和地所)=韓国=とのプレーオフを1ホール目で制し、今月のスタンレーレディス以来となる今季2勝目&ツアー通算6勝目をつかんだ。

渋野はプレーオフ後、グリーン脇でテレビのインタビューに答えた。

―ぺ選手との激しいマッチレースでした。

「最初のスタートから手に汗握る、一打一打緊張しての戦いでした」

―バーディーで追いついた正規の18番は?

「もちろん、イーグル狙いで2オンを狙いました。2打目は7ウッドで打ちました。イーグルパットをショートしたのが悔しかった」

―プレーオフの2打目とイーグルパットは?

「3ウッドでした。イーグルパットはちょっとフックが入るかと思いましたが、打ち切りたいと思って内側目に読みました」

―今季2勝目です。

「このコースで去年予選落ちして、この3日間はかなり難しいセッティングでした。そこで勝つことができてすごくうれしいです」

―今週振り返って。

「今週はショットの調子が悪くなかったので良かったです。これだけ落ちぶれても、応援して下さる方々がたくさんいたからこそ、今の自分には負けたくないと思ってやっていました」

―12月の米ツアー予選会にも良い弾みになる?

「良い状態で臨めるように頑張りたいです」


関連記事




この記事への反応

  • 落ちぶれて…?ぜんぜんないと思いますけど、まだまだ20歳を少し過ぎただけでしょう。
    これからが人生の始まりみたいなものです。
    一分一秒を、その努力に価値があるのだと認識してより高い目標に向かって頑張って下さい。

  • どこか人を惹きつける
    不思議な魅力を持った選手だと感じます。
    アスリートは結果が出ればもてはやされて出なければあぁだこうだ言われて本当に大変だと思います。
    長く活躍できるように、周りの声に惑わされずに自分の信じた道を突き進んで欲しいです。

  • 痺れる展開を制して、また強くなりますね。しぶこはスイング改造中もいつも応援したくなるアスリートです。
    全英オープンを制した出発前のインタビューを観てから、その飾らない性格と積極的なプレーが大好きです。

  • 先週は予選敗退、今大会も昨年予選落ち。
    そこからダブルのバウンスバック優勝とはお見事!
    しぶこは格好良すぎです。
    これを見せられたらますますファンが増えるでしょうね!

  • 勝負の世界、勝ち負けは付きもの、勝ったからって勝ち続けるのは大変な事。
    でもやり続けることに意味があるのです。
    勝ち負けは後に付いてくる結果でしかないのです
    。 いつまでも応援しています。

  • やっぱり渋野選手には、何かがありますよね。
    華というか、ただつよいだけではない何かが。
    だからファンも多いのでしょうね。
    私も、渋野選手が勝つとなんだか嬉しくなってしまいます。別に渋野選手の大ファンではないのですが、不思議ですね。

  • 今、一番応援している選手。
    スポーツ選手でこの人ほど勝って嬉しいと思える人は他にいない。
    強烈なプレーとちょこちょこミスする乱高下のプレーがスリリングですごく楽しい!

  • 渋野さん、本当におめでと。
    しぶこスマイル見るとなんか元気になるし、頑張らなきゃなという気持ちになります。
    渋野さんは、歴代の強い選手とは何か違う魅力がある選手に感じます。