picture

情報元

カメラマンが感じた渋野日向子の最大の魅力とは? 印象に残ったあのシーン
スマイルシンデレラ・渋野日向子(22)=サントリー=の復活Vは涙の幕切れとなった。10月10日の女子ゴルフ・スタンレーレディス最終日(東名カントリークラブ)。4人で行われたプレーオフ(PO)2ホール目、渋野だけがバーディーを奪い、2019年11月の大王製紙エリエールレディス以来の優勝を飾った。

優勝を争ったペ・ソンウのバーディーパットが外れ、渋野の優勝が決まると、私はすぐにカメラのレンズを渋野の方に向けた。優勝が信じられないという表情を浮かべた後、すぐに両手で顔を覆った。ペ・ソンウと抱き合うと、渋野の瞳からとめどなく涙があふれていた。女子ツアーを年間数試合取材している私にとって、渋野の優勝は国内ツアー初Vだった19年5月のワールドレディスサロンパスカップ以来。笑顔の復活Vを想像していた私にとって、感極まる姿は予想外だった。

この大会で印象に残ったシーンがある。PO1ホール目。パー5の第3打をピンすぐそばに寄せた渋野は“お先バーディー”。ほかの選手のプレーをグリーン脇から見つめていた。ペ・ソンウの第4打はグリーン横からのアプローチ。入れなければ敗退が決まる状況で直接、カップにねじ込んだ。すぐさま、レンズを渋野に向けると、なんと相手のプレーをたたえるように拍手し、さらにペ・ソンウにグータッチを求めに行った。練習日やホールアウトする際に選手同士が和気あいあいとグータッチなどをすることはよくあるが、試合中にそういったことをする光景は見たことがない。ましてや優勝を争う“極限の状況”での出来事だった。

自分がどんな状況でも相手のプレーに最大の敬意を払う。「スマイルシンデレラ」と呼ばれるように笑顔で私たちを魅了することはもちろんだが、渋野の最大の魅力は、相手選手をリスペクトできる人柄、人間力だと改めて認識した大会だった。


関連記事






この記事への反応

  • 渋野選手の人間性というか、生まれ持ったものというか、どちらにしても素晴らしいことだと思います。
    もっと強くなるために、もっと上を目指すために進めたスイング改造で結果が出ない時は苦しい思いだったことでしょう。
    それでも自分を信じるやり続ける姿勢にアスリートの魂を感じます。
    これからもブレない渋野選手を応援します。

  • 渋野プロの相手をリスペクトするスポーツマンシップもファンの気持ちを捉えている魅力の一つ。
    又、以前渋野プロのお母さんが、TVのインタビューで、「あの子は目標を定めたら、それに向かって突進する強さがある」と話しをしていたのを思い出す。
    鬼門である2日目を乗り切り、明日最終日を迎えて欲しい。 期待せずにはいられない。

  • 本当に人としても素敵なプレイヤーだと思います
    同郷からいつも応援してるのでこれからも日向子選手を目標とする若手が育つ様なプレーと振る舞いを続けて下さい。

  • そしてその後、佐藤選手がバーディーを決めたとき、渋野選手とペソウン選手は2人して大きな拍手を送っていた。
    そういうお互いだからこそ渋野選手の優勝がきまったとき、2度もハグをしたのだろう。
    ペソウン選手に一片の悔しさもなく穏やかな柔和な表情だったのが印象的だった。
    ペソウン選手のキャディも渋野選手に笑顔でグータッチをしていた。やはり渋野選手の苦闘を身近でしっている人たちは祝福を心をこめてしていた。
    一方で佐藤選手のキャディだけは単なる通りすがりの有様だった。

  • そんなところが渋野さんがファンから愛されているのでしょうね。
    プロゴルファー以前に人として素晴らしい!
    今週も楽しませて頂きます。

  • ゴルフを楽しんでいる感じが、とても伝わってきます。
    見ていて、こちらも楽しくなります。
    素晴らしい活躍を、素直に応援したくなる人柄です。
    今週も、いい試合になりそうで楽しみです。

  • 元々の性格も有ると思うけれど2019年に自分ばかり注目されたので他の選手の活躍は純粋に嬉しいのだと思う
    選手同士仲がいいのは見ていても心地よいのでいいと思う

  • ゴルフに限らず対戦相手にリスペクトする事と笑顔は大事な事ですね。