picture

情報元

石川遼はどう聞く?ベン・ホーガンの「不振は髪を伸ばしているからだ」
【プロツアー激辛情報】

今シーズン、男子ツアーが始まって間もなく、石川遼を見たとき、「これは誰だ?」と、一瞬、目を疑った。

髪を長く伸ばしたりヒゲを生やしたりしてイメージがだいぶ変わってしまっていたからだ。

世界的に見ても、サッカー選手の中にはなぜか長髪のプレーヤーが多い。それがファッションなのかどうか分からないけれど、髪を振り乱して激しく動き回っているのを見ていると気になって仕方がない。

ゴルフの場合は帽子をかぶってプレーしているので、長髪でもプレー中はたいして気にはならないという人も多いと思う。

しかし、石川の髪は帽子の横から大きくはみ出している。髪をあんなに長く伸ばしている理由が何かあるのだろうか。


デビュー当初の石川は「爽やかさ」が売りだったはずだ。汗まみれになって走り回り、激しくぶつかり合うサッカーやラグビーなどと違って、ゴルフは「歩くゲーム」である。ツアープロはゴルフを見てもらって暮らしを立てるのだから身だしなみにも十分気を配って欲しい。

1966年に東京よみうりCCで行われたカナダカップ個人戦で、杉本英世はジョージ・ヌードソン(カナダ)とのプレーオフに敗れた。ヌードソンはダンディーな選手だったが、米ツアーで戦っていたころ、不振に陥ったとき、「髪を伸ばし過ぎているせいだ」とベン・ホーガンに言われたことがある。

「髪を伸ばすことによってバランスが変わり、スイングに影響している」と言われたというのである。ホーガンに言われたことなので、髪を短くしたらショットが良くなったとヌードソンは笑いながら言っていた。


石川が、「急がば回るな」と言ってプロになり、日本シリーズで優勝したとき、ギャラリーは中高年の女性が多かった。足元を見るとゴルフ観戦に不向きなシューズを履いているギャラリーが多かった。そのために傾斜面のラフで滑って転倒する人が続出した。

石川のような爽やかな選手が強くなればファンが増えて、ゴルフのイメージも良くなるに違いないと思った。

石川は今年、30歳になった。5年間、挑戦した米ツアーでは2位が2回あったが、優勝には手が届かなかった。

米ツアーを撤退して帰国した後は国内ツアーに参戦しながらスイング改造に取り組んでいた。そして下部ツアーから再度米ツアーに挑戦することを決意したようだ。

かつてはQスクールを通れば米ツアーに出場できた。しかし、今は下部ツアー(コーンフェリーツアー)の出場権を取得し、そこで好成績を残して米ツアーに這い上がらなければならない。そのために今月の下部ツアー2次予選会に出場する。

今季、国内ツアーで石川は2位が2回あるが、10月は上位に顔を出していない。長髪同様に、スイング改造がうまくいっているのか、気になる。


関連記事




この記事への反応

  • 他人に押し付けられた真面目や爽やかなキャラを今まで演じ続けたんじゃないの?最近そんな感じがしてならない。
    自分じゃない自分で人前に立た続ける事は簡単なことじゃない。15歳で優勝した以降のハニカミ王子って言われてた印象が未だに強いように感じるし。
    そう思ったらめちゃくちゃしんどいよなーって思います。好きにやって好きにゴルフを楽しんで欲しい。
    スポンサーの評価下がるならスポンサー降りるだけだしね。自分の人生、他人にとやかく言われても貫いていいと思う。

  • 「デビュー当時は爽やかさが売りだったはずだ。」ってそれは石川遼を使って金儲けした連中が、そういう商品に仕立てただけでしょう。あなたたちマスコミも含めて。
    変わらず爽やか路線で行ってたら、「爽やかさが売りだったデビュー当時からもう15年も経って今や30代、いつまでも爽やかさだけでは…」とか書くんでしょ。

  • 個人的には似合わないとは思うものの、今の時代であれば個人の自由だと思います。
    また、髪が短いとスイングが良くなるというのはゲン担ぎの領域だと思います。
    そもそも「爽やかな選手が強ければファンが増える」のはまあわかる気もしますが、だから「石川に爽やかなままでいろ」というのを押し付けるのはどうかと思います。

  • 髪が長かろうが短かろうがプロは結果が全て
    結果が伴っていないから言われるわけだ
    短髪にしたって結果が出ないと他の事柄を言われるだけ

  • 髪型、髪色、髭などは本人の自由で、何ら問題ないけど…
    他人から見ると、清潔感が感じられないのが問題じゃないかな。

  • 言い返したかったら賞金王になったらいい。

  • シャフトの数グラムで全然変わる世界だから、髪の毛の重さでもスイング変わるかもね。

  • 好きにしたら良いけど、ただ似合わないよね、あの髪