picture

情報元

渋野日向子「新しい渋野日向子に変わっていくのを確かめたい」
前週復活Vも自然体
富士通レディースは15日開幕

女子ゴルフの国内ツアー・富士通レディースは15日、千葉・東急セブンハンドレッドCで開幕する。前週のスタンレーレディスで約1年11か月ぶりに優勝した渋野日向子(サントリー)が14日、前日会見に臨み「目の前の一打に集中したい」などと抱負を語った。

スタンレーレディスでは4人によるプレーオフを制し、復活Vに涙を見せた渋野。今大会は初出場だが、コースの印象については「グリーンがかなり速い。ラフも長くはないが、根が強そう。入ったら難しそうだという印象でした」と語った。

国内ツアーは4戦連続トップ10入りと好成績が続いている。「やることは変わらず、目の前の一打に集中して。ちょっとずつドライバーも振れるようになっている。春の飛距離とは変わってきている」と現状を分析した。

初日は前年大会優勝者の申ジエ(韓国)、ツアー未勝利ながら賞金ランク5位につける西郷真央と同組だ。ツアー4勝を記録した2019年も、2週連続優勝はない。「優勝した次の週は変にプレッシャーかかることが2年前はあったが、今は感じていない。予選を通過し、決勝ラウンドに臨みたい」と自然体だ。

前週の復活Vについては「初優勝とか、全英の優勝に比べると、考えることの多い優勝だったと思う。私の中では一番感慨深い出来事だったと思います」と語る一方、「優勝で何かが変わることはないし、調子に乗ることもない。ちょっと自信につながると思うくらいで、今やっていることを継続することが大事だと思う」と話した。

一躍スターとなった2019年。これまでは当時の自分が基準となっていたこととも語り、「(基準が)2021年の自分に変わっていってほしいという願いもあるし、新しい渋野日向子に変わっていっているというのを確かめたい」と優勝を機にさらに成長したい思いも口にした。

国内ツアーは当初、11月18日のエリエールレディスを最後の出場とする予定だったが、最終戦の最終戦・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップも出場を「考え中」と明かした。「毎週上位で終えることが安定感に繋がる。欲をかくと、トップ10以内をずっと続けていけたら」と目標を口にした。


この記事への反応

  • 先週の思わぬ優勝で、リコーカップにも出場可能となり嬉しい誤算でもあり米QSへの影響など新たな悩みも。
    インタビューからも彼女のブレない思考回路が伝わってくるので、頼もしい限りです。

  • シブコのプレイは全英女子オープンの優勝を筆頭に、ファンをワクワクさせるものがある。
    そしてさらに清々しいシブコスマイルでファンを魅了する。
    日本でのプレイもあとわずかであるが、最後まで彼女らしい戦いを見せて欲しい。

  • 結果優勝したが、内容は僅差。
    しかし、勝ちを狙って奪い取ったと見れば、良い状態であろう。
    渋野さんの立ち姿に痺れます。ゴルファーを超えた。アスリートそのもの。

  • リコーカップ出場は大いに嬉しい事だけど、米Qスクールとの兼合いは大丈夫なのかな?

  • 過度な期待は、選手には迷惑かもしれないが、渋野にはやはり期待してしまう。
    予選を無難に通過して最終日に逆転優勝して下さい。

  • 目標は米メジャー制覇だからね
    こんなのただの通過点
    自信を持てばパワーが違うしやはり別格だよ

  • 渋子は一喜一憂して何事にも全力で、ポジティブであの笑顔が素晴らしい印象が有ります。
    渋子の様な姿が本来の日本人だと思います。

  • やっぱり、しぶこは絵になる、ニュースになる!
    なにせ、愛嬌がある。
    オーラが凄い。
    賞金女王でもかなわん。
    しぶこ最高!