picture

情報元

山口すず夏が首位で最終日へ 和久井麻由、佐藤心結も通過圏内
【女子プロテスト2次予選・A地区】
<JLPGAプロテスト第2次予選【A地区】 3日目◇14日◇ザ・ロイヤル ゴルフクラブ (茨城県)◇6495ヤード・パー72>

第3ラウンドが終了し、米国女子ツアーを主戦場としている山口すず夏が「67」をマーク。トータル5アンダー・単独首位に浮上して最終日を迎える。

トータル4アンダー・2位に和久井麻由。トータルイーブンパー・3位には大林奈央が続いた。

先週の「スタンレーレディス」で優勝争いを演じた佐藤心結(みゆ、明秀学園日立高3年)は、トータル3オーバー・5位の好位置。今年8月の「全国高等学校ゴルフ選手権」個人の部を制した櫻井心那(ここな、長崎日大高3年)もトータル5オーバー・6位と上位につけた。


今年の「全米女子オープン」に出場した小暮千広(明秀学園日立高3年)は、トータル9オーバー・17位タイ。松森彩夏の妹・杏佳がトータル12オーバー・32位タイ、JGAナショナルチームメンバーの六車日那乃(日本ウェルネススポーツ大1年)はトータル13オーバー・37位タイで3日目を終えた。

元ナショナルチームの佐渡山理莉はトータル15オーバー・53位タイ。吉田優利の妹・鈴(りん、千葉黎明高3年)はトータル16オーバー・64位タイから浮上を図る。

同じ日程で、岡山県の山陽ゴルフ倶楽部でC地区も行われている。すでに結果が出ているB地区も含め、ここでの合格者が11月2日(火) ~5日(金)に京都府の城陽カントリー倶楽部で開かれる最終プロテストに進出する。


関連記事




この記事への反応

  • まだ、最終結果が出る前だけど、LPGAツアーでは、ほぼ全て予選落ちだったのに、揉まれただけ有る。
    日本でのコースでは、違うという事か?先週の、佐藤選手よりいいんだから。

  • やっぱりアメリカのゴルフ場は日本のゴルフ場より難しいんだね。

  • 佐藤さんこんなところで落ちないでくれよ

  • 山口はアメリカじゃ全然ダメだったが日本では結構やれるみたいだね。

  • 山口のトップは当然のことだろう。
    予選落ちが多いとはいえ米LPGAのツアーメンバー。Qスクールを上位で通過している実力者。
    2次試験を通っても最終試験は米Qスクールと重なることから、未定といっている。
    どのぐらいのスコアで回ってくるかを注目していたけど、2位とは1打差。2次試験程度だとぶっちぎりでないと米ツアー上位進出はむつかしい。

  • 山口すず夏、LPGAのツアーで出場する度予選落ちするが、Qスクールの試合今日の処は首位だが果たして最終日も首位でいられるかな。
    それはともあれ結果が伴わない現状でこの先もアメリカLPGA拘り続けるのか、私が思うに貴方には全てに於いてそこまでの実力は無いように思えてならないので河本結同様日本に帰ってきたら如何かな。
    アメリカツアーで戦うと言う事を甘く見てはいけないし、技術・技量・資質・努力が無ければ絶対無理。

  • ツアーで優勝争いの佐藤心音さんが、3日終わって5位だから、プロテストのレベルが高いことと、逆にツアーのレベルもどうなのかと、思ってしまう。
    だから、プロテストの制度の見直しが必要なんじゃないの?
    沢山プロテスト合格させても、賞金「ゼロ」の人増やすだけと誰がが言っていたが、そうでもないでしょう。
    過去の古いプロテスト合格者の既得権維持狙うより、上手い若手を数多くツアーでみたい。

  • 彼女のようなキャリアを持つ選手がツアーで活躍するのを楽しみにしている