picture

情報元

高3佐藤心結がプロテスト2次予選5位に浮上 3日前は渋野日向子とプレーオフで激闘
A地区第2R、残り2Rで30人程度が最終プロテストへ

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)プロテスト2次予選A地区の第2ラウンド(R)が13日、茨城・ザ・ロイヤルGC(パー72)で行われた。前週のスタンレーレディスで、アマチュアとして史上2人目のプレーオフ進出者となった佐藤心結(さとう・みゆ=明秀学園日立高3年)は73で回り、通算3オーバーで11位から5位に浮上した。

首位は20歳の和久井麻由で通算4アンダー。第1R首位だった21歳の山口すず夏は、通算イーブンパーで2位タイにつけている。残りは2Rで30人程度が、11月開催の最終プロテストに進出する。

佐藤は3日前の10日、スタンレーレディス最終Rを通算10アンダーの首位で終え、渋野日向子、ペ・ソンウ(韓国)、木村彩子とのプレーオフに進出した。しかし、2ホール目でグリーンを狙った第3打がピンに直撃。ボールが約7メートル戻る不運もあり、優勝と「プロテスト免除」の権利を逃した。

JLPGAの樋口久子相談役には健闘を称えられた上で「最後にボールがピンに当たるこということは、プロテストをちゃんと受けて、通りなさいということよ」と激励されていた。ネット上では「よく頑張った」「プロテスト合格を祈っています」など、佐藤へのエールが相次いでいる。

なお、同テストの2次予選は3会場で行われており、最終プロテストは、11月2日から京都・城陽CCで開催予定。上位20位タイまでが合格者になる。


関連記事


この記事への反応

  • ここは通過点でしょうが、最終の20位タイまでは相当難関だと思います。
    実力的には十分ですが、何が起こるかわからないのが今のプロテストです。

  • 最終プロテストは、二次通過者だけでなく、現在、レギュラーツアーでプレー中の単年登録者の高木選手や女子オープンのローアマなど最終プロテストから、出てくる
    実力者もいるから、大変ですね!
    みんな、頑張れ!

  • シブコは二次までトップだったし三浦桃子も調子良かったけど最終予選で落ちちゃったんだよね
    普通に行けば大丈夫だと思うけれど大学入試と違ってその日のコンディションで大きく変わるのがゴルフだし何とか通過出来る事を祈る
    この子が駄目だったら協会は仕組みを見直すべきだ

  • 佐藤選手は自分の実力が出せれば予選通過できるはず。

  • 第二ラウンド終了時点で、上が居て良かったと思う。追う方が絶対やりやすいからね。 ホントに狭き門️
    他の選手も全力を尽くせ️

  • 二次は40位で通過したら良いのです!要は最終です。
    20位タイまでですから厳しいですね!

  • 何か強くなる予感一杯なので、絶対に合格して欲しい。

  • 夕方JLPGAのサイトで結果を見てホッとした。明日以降も頑張って!