picture

情報元

今年7月にキッズ世界選手権で優勝し、世界ジュニアメジャー4勝目を挙げた「ゴルフ天才少女」須藤弥勒は12日、プロパッティングツアー最終戦の全日本選手権(11月9~11日、栃木・那須小川GC)で上位進出を目標に1か月間はパットの練習に専念することを宣言した。10日に同GCで行われたツアー第11戦で、大人に交じって出場した10歳の弥勒はベストアマとなり、全日本選手権の出場権を獲得。「このツアーに出場しているプロの皆さんは本当にパットが上手です。これから1か月は集中してパットの練習に取り組みたい。ゴルフで一番大事なのは、やはりパットですから」と弥勒は意欲的に話した。

パッティングツアーは、その名の通り、パットだけのグリーン上の勝負。ツアー第11戦は、約4メートルから20メートル以上の距離で18ホールが設定され、パー36で争われた。1オーバーの37で回った弥勒は「ベストアマにはなれましたが、プロの優勝者とは7打の大差がありました。パットの練習はたくさんしてきたつもりですが、もっと練習が必要です」と冷静にコメント。その上で「全日本選手権には出場できることになったので、最後は良い結果を出せるように頑張ります」と前を向いた。

ツアー第11戦の試合前には、キッズ世界選手権優勝を記念し、プロパッティング協会から特別表彰を受けた。「ゴルフで一番大事なのは、やはりパット。ジュニア世界メジャータイトル4勝目をできたのも、プロパッティングツアーに参戦して、鍛えられたおかげです」と弥勒は感謝した。

「2032年ブリスベン五輪で金メダル獲得」を究極の目標に掲げる弥勒は、得意のパットにさらに磨きをかけるつもりだ。1か月後「プロパッティングツアー全日本選手権」の戦いが注目される。


関連記事




この記事への反応

  • 私はいつも一生懸命な弥勒チャンを応援しています。

  • バースデイの特集観てください。
      天才です。

  • パットのプロってなんですか?

  • 色々と批判の声あるけどはっきり大きな夢を実現すると公言する弥勒ちゃんいいじゃないですか。
    大きくなってもずっと今の元気な姿を見せつけてほしいものです。

  • 頑張ってね。お父さんもお母さんも、本人もみんな立派です。是非メジャー制覇してください!