picture

情報元

686日ぶりV渋野日向子と稲見萌寧、主戦場が変わっても「切磋琢磨」
10日まで行われた国内女子ゴルフツアーのスタンレー・レディースで、渋野日向子(22=サントリー)が686日ぶりに優勝した。

涙あり、笑顔ありと、これまでの苦労や努力がにじみ出つつ、渋野らしい明るさに満ちた優勝だった。そしてこの優勝をすぐに祝福したのが、今季8勝で賞金ランキング1位の稲見萌寧(22=都築電気)だった。

稲見は自身のインスタグラムに、渋野との2ショット写真を投稿した。そこには、こうも記されていた。「もう最高! おかえり! あなたが1番似合う場所 かっこよすぎる だいすきよ!!」。昨年優勝したこの大会を、稲見はディフェンディングチャンピオンとして迎え、自身初の同一大会2連覇を目指したが8位。渋野ら4人で行われたプレーオフ進出には、3打足りなかった。そんな悔しさが残る中で、ほどなく渋野を祝福した。しかもその祝福は、1学年上の渋野への尊敬、愛情にあふれていた。

渋野と稲見が同組で回った時、何度か見かけたシーンがある。渋野がバーディーを取った後のこと。一呼吸置いてから近づいてきた稲見が、右手なり左手を静かに差し出してグータッチ。当たり前の儀式なのか、特に会話もなく、自然な流れで行っていた。大げさに祝福するわけでもなく「さすがです」とばかりの、さりげない動き。逆に渋野が近づいて、バーディーを取った稲見とさりげなく交わすこともある。互いの実力を認め合い「あなたにとっては、そのぐらい当然だけど」と言わんばかりのグータッチ。華やかな印象のある女子ゴルフ界において珍しく、2人がそろうと職人の世界のような雰囲気が漂っていた。

9月の住友生命レディース東海クラシック第1ラウンドで、同組で回った際、渋野はあらためて稲見の技術の高さを口にしていた。「本当にお手本。すごく差を感じた。簡単じゃないのに、簡単に見える。モネにしかできないゴルフ」。絶賛だった。さらに「もうメンタルって言葉は必要ない。う~ん“仏”かな。悟りを開いたような」と、精神面でも高いレベルにあると、現在最強ともいえる稲見を褒め続けた。

先に結果を出したのは、19年に全英女子オープンなど日米5勝を挙げた渋野だった。それを追って今年、稲見は国内ツアーで優勝を重ね、東京五輪では銀メダルを獲得。ともに日本人女子ゴルファーのレベルの高さを、世界に示した存在だ。渋野はなかなか勝てない時期が続いたが、3戦連続トップ10入りの後に復活優勝。紆余(うよ)曲折を経て、ともに紛れもなく日本を代表する選手となった。来季の主戦場は、渋野が米国、稲見は国内となる可能性が高い。主戦場が変わっても、2人の切磋琢磨(せっさたくま)の物語が、これから本格的に始まるのではないかと、思わずにはいられなかった。


関連記事








この記事への反応

  • 世界のトッププロがどうしても欲しいタイトルはメジャータイトルです。
    その全英オープンチャンピオンである渋野選手。
    アメリカに渡れば毎回、敬意を称されます。
    そんなチャンピオンと言うのが稲見選手は分かっているのでしょうね!
    二人はトップレベルの技術を持っているので、お互いにリスペクトしあっているのでしょう。
    良い関係じゃないですか?
    暖かく応援しながら見守りましょう。

  • 渋野、稲見そして畑岡、笹生がUSLPGAで切磋琢磨する事が日本の女子ゴルフを発展させる。
    稲見も早くアメリカ参戦したほうが良い。日本でプレーしてても成長しない。

  • 人が何と言おうとも、貴女は全英女子オープン、世界のメジャーチャンピオンです。
    日本女子オープンやアマチュアメインのオリンピックメダルでは、アメリカ行っても、あ、そう、そんな程度なのです。それほど違うのですよ。
    アメリカ行ったら、他のメジャーを目指してください。

  • 素晴らしいライバル関係ですね!
    渋野さんや畑岡さん笹生さんはアメリカで活躍して稲見さんは原さん達と国内のツアーを盛り 上げてほしい。

  • 実力者二人がお互いをリスペクトし合う光景、本当に素晴らしく清々しささえ感じます。
    今度は二人の優勝争いが見たいな、果たしてどんな光景になるのか興味深いです。

  • モネは日本では勝って当たり前
    いくら勝っても上がいないのだから伸びようがない

  • 稲見は典型的な一人っ子の「かまってちゃん」で、渋野は分け隔てをしないタイプなので稲見を受け入れている。
    「モネウザ」と思う選手はいても、「渋野ウザ」と思う選手はいない。
    稲見は確かに今は「国内最強」だと思うが、海外ではコミュニケーション能力が重要となるのでその辺の自覚必要かと思います。
    合せて、もう少し飛距離が必要なのではと思います。
    いずれにしても、日本人選手がUS-LPGAツアー上位を席巻する日が待ち遠しい。

  • 稲見も渋野さんのようにほんまもんの笑顔を提供できたらファンになるのに、、、