picture

情報元

アプローチ「どこからでもウェッジの人」と「どこからでもパターの人」、
シングルさんが“この人上手いな”と感じるのはどっち?
アプローチはどんなところからでも58度のウェッジで寄せてくる人もいれば、バンカー越えや深いラフでない限り、どこからでもパターで寄せてくる人もいる。関東在住匿名5下シングル氏が、その2タイプのうち「この人はゴルフが上手そうだな」と感じるのは、さてどちらのタイプ!?

パターと58度「高さ」が揃うのはどちらか

アプローチのクラブ、なにを使っていますか?

そう質問すると、多くの人が58度のウェッジと答えると思います。でも、58度のウェッジは実はとても難しいクラブです。

その理由は、高さを揃えるのが難しいから。
ためしに練習場で10球同じ高さで打とうとしてみると、意外と難しいことに気がつくはず。アプローチにおいては高さ=距離感ですから、58度のウェッジは距離感を合わせるのが難しいことがわかります。

では、逆にボールの高さがもっとも「揃う」クラブはないかといえば、それはパターです。そもそもボールが浮かないですからね。

いやいや、パターだってパンチ入ったり、ゆるんだりして距離感を合わせるのが難しいよ、と思うかもしれません。でも、平らなところで打ったなら、その距離感のズレってせいぜい2割の増減程度ですよね。58度でトップしたり、ザックリしたら? 平均して距離を合わせやすいのはパターであることが、おのずとわかると思います。

それを一番実感できるのが、実は砲台グリーンの下からの寄せ。どう考えても58度のほうが寄りそうですが、「とりあえず乗せる」を優先させるなら、実はパターのほうが確率は高い。砲台グリーンのある練習場で実験したことがあるので、これは間違いありません(笑)。

パターは、とにかくコンタクトを気にしなくていいのです。まず当たる。ほぼ当たる。だから、とりあえず乗せることは難しくありません。砲台グリーンの下からのアプローチなんてどうせOKには寄りませんから、とりあえずパターで乗せておくのがスコアの期待値はもっとも良くなる可能性が高い。

砲台グリーンの下からパターが持てるようになったら、エッジからはもちろん、花道からはもうパター以外考えられなくなってきます。なんでもかんでもウェッジの人より、なんでもかんでもパターの人のほうがゴルフを知っているなと感じます。


「でもなあ、パターは手前の芝にどれくらい食われるかがわからないんだよ」と思われるかもしれません。それはたしかにその通り(笑)。でも、なにごとも慣れです。

どう考えても寄らなさそうな砲台グリーンの下に外したとき、モノは試しと一度パターを使ってみては?


この記事への反応

  • 私の周りのシングルでアプローチがパターオンリーの人などいません。アプローチはライと状況次第です。ライと状況によって番手と出玉の高さを決めます。もちろん選択肢の中にパターも含まれます。
    人のアプローチを見て”そこからパターはないんじゃない?”と思うこともあれば、”おっ!パターか!できるな!”と思うこともあります。全ては状況判断だと思います。

  • 自分の周りのシングルで、アプローチでいつも同じクラブを使う人は見た事ありません。
    百切りを目指すならともかく、片手シングルなら何を使っても、そこそこ寄るでしょうが、その状況では、どのクラブがリスクが少なく、もっとも寄る可能性が高いかで、クラブと打ち方(上げる、ころがす)を上級者は選択するのでは?

  • 先入観なく考えることが必要とも思いますが、人それぞれ、いろいろな流儀があっていいですよね。
    私はうまく打ち分ける腕がないので、転がし側から優先的に選択して、転がしが無理な状況なら上げる派です。できるだけロフト任せ。

  • 状況に応じて一番簡単なアプローチ方法を選択できるのが上級者だと思いますがね。 逆にどんなライや状況でもAWやSW握るのは初心者でしょう。

  • 私の周りのシングルさんは、全員がウエッジを使います。パターだと、パンチが入って、距離感が出ません。
    経験値と言いますが、みんなが週3〜4回もゴルフには行けないので、夢話はどうですかね?

  • いつも同じクラブで同じ打ち方をしていれば安定してくる
    ラウンド数が少ない人程その方が安定する
    それがパターだろうが58°だろうが同じ

  • 58とパターの二者択一ですか?片手シングルのコメントとは思えないな〜

  • 臨機応変に使分ける人が上手