picture

情報元

「ああだこうだと言ってた人を見返したい」 渋野日向子の反骨と焦燥
◇国内女子◇スタンレーレディスゴルフトーナメント 最終日(10日)◇東名CC(静岡)◇6592yd(パー72)

「ん~、嫌でも耳に入ってきてしまうので。それでも新しいスイングで勝ったときに『ああだこうだ』と言っていた人を見返したいと…。そういう気持ちを片隅に置きながら、やっていました」

渋野日向子の本音が思わず漏れた。
米ツアーを主戦場にするべく取り組んでいるスイング改造。ファンを含めて、批判的な声が届いていた。

「手をインに引き過ぎると、振り抜きが固くなってしまうので気をつけています。あとは向き。今までは遠くをターゲットにしていましたが、今週から1mくらい先の芝だったりに対して向くっていう、みんなやっていることなのですが、それをやってショットがマシになった」

ハウスキャディを起用した今週は、ホールアウト後に一人で練習場に足を運び、納得するまで弾道測定器を用いてショットの確認に取り組んだ。

日が暮れると、自分でキャディバッグを担いで帰りの車まで運んだ。結果で証明する以外に方法はない、そんな気持ちで汗を流してきた。

今大会のパーオン率は76%(41/54)。木村彩子、ペ・ソンウ(韓国)、アマチュア佐藤心結とのしびれるプレーオフ(18番パー5の繰り返し)でも連続バーディを奪い、ショットは安定感を見せた。

「置いていかれている」

「女子プロゴルフは世代交代がめちゃくちゃ早い。2年前にレギュラーツアーに出始めたのに、と思ってしまうくらい自分が置いていかれている感があります。思いたくないけど、思ってしまう部分がありました」

最後まで競り合ったアマ佐藤はもちろん、賞金ランキングトップ5に年齢が上の選手は一人もいない。シーズン8勝の稲見萌寧(1999年生まれ)、4勝の西村優菜(2000年生まれ)ら、1998年生まれで22歳の渋野から見ても“若手”が台頭しているだけに危機感は尽きない。

全てはもう一度

2019年の海外メジャー「全英女子オープン」を制し、日本の女子ゴルフ界を引っ張る存在としての期待を背負ってきた。しかし、コロナ禍に見舞われた20年は12月「全米女子オープン」で優勝争いを演じて4位に入ったものの、優勝には手が届かなかった。

「飛距離の差を今でも感じているし、米ツアーに出ている選手は小さい頃から難しい芝でやっているので、簡単に打ちますし、そういうのを見て今のままじゃダメだと。『自分が変わらないと』と思うきっかけになりました」

欧米と日本を往復しながらスイング改造に取り組み、目の前の課題をひとつずつ解決してきた。全てはもう一度、海外メジャーを制するためだ。

「今やっていることをやっていけば、2年前の自分よりも強くなれるのではないかなという感じ。2年前の良い部分も受け入れて、それを含めて改善していかなきゃいけない。今やっていることを積み重ねていくように」

686日ぶりにつかんだ優勝の手応えはとてつもなく大きい。


関連記事






この記事への反応

  • 全英はまぐれじゃ勝てないよ。
    全英優勝してからシンデレラストーリーをマスコミが作り上げ負ければボロクソに叩かれ悔しかったと思います…
    スイング改造して身体も大きくなったように感じます。
    そして悔しさをバネに約2年ぶりの優勝!
    とにかく良かった!
    おめでとうございます!

  • 全英の優勝がまぐれであれ、ビギナーズラックであれなんであれ、他の選手を悔しがらせ彼女たちのモチベーションを上げ、技術のレベルアップにつながったこと、女子ゴルフ人気を相当高めたことは紛れもない事実である。

  • 今シーズン中にもう一勝したら、スイング改造を批判する連中は消えて無くなると思います。
    落ち着いた環境でプレーに専念出来ますように。

  • 渋野プロ 優勝おめでとうございます。 
    ファンはこの時を待ってました。
    自分で壁を乗り越えましたからこの先には新しい世界が開けますね。
    ファンのひとりとして今後も静かに応援させて頂きます。

  • 渋野は謙虚になるべき。ビッグマウスは不要な敵を作るだけ。

  • つべこべ言わせないためにも、自分のやり方で勝ち続けてください。
    そうなれば真のスーパースターだ。

  • ああだこうだ言う人は元々性格悪いから勝っても言いますよ
    気にしても仕方がない人だから

  • ああだこうだではなく、あーじゃこーじゃと言っていたはず。そこは岡山弁だ。