picture

情報元

【スタンレーレディス】最終日

「正直、こんなに早く勝てるとは思っていなかった。すごくうれしい」

ここ3試合連続トップ10入りの渋野日向子(22)が、約2年ぶりにツアー5勝目を挙げた。

2打差5位タイ発進の最終日は、「スタート前は安全に行こうと思った」と、前半は8番バーディーで1つスコアを伸ばしただけ。折り返して10番でボギーをたたくとトップと4打差。

その時点で「ヤバい。ギアを上げた」と残り8ホールは5バーディー、1ボギーと猛攻を見せた。

渋野のトレードマークともいえるバウンスバックが2回あり、最終18番バーディーで首位に追い付いた。プレーオフに突入しても勢いは止まらない。1ホール目、2ホール目ともバーディーを決めて、久しぶりの勝利に涙が止まらなかった。

米女子ツアー挑戦を目指して取り組んだスイング改造が不振の始まりだった。それも、「クラブを思い切って振れるようになり、怖さがなくなった」と馴染んできたのが大きい。今回の勝利はこれまでの練習が間違っていなかったという手応えと自信につながる。スイングに思い切りの良さが戻ったのも勝利の要因だった。

■日本女子プロゴルフ協会がテレビ各局と対立中

ただ、多くのファンが待ち望んだ渋野の優勝シーンはテレビの地上波で放送されなかった。

「放映権の帰属を求める日本女子プロゴルフ協会がテレビ各局と対立しているからです。ネット中継なら協会収入になりますが、テレビの地上波で中継されてもテレビ局からは放映権料が入らない。テレビ中継の放映権は協会ではなくテレビ局が持っているからです。協会はその放映権を返せと言っているのですが、テレビ各局は長く不人気だった女子ツアーに予算を組んで支えてきた。それを今頃になって放映権をよこせというのはおかしいと平行線のままです。多くの大会主催者は放映権についてよくわからないので、テレビ局と話し合って欲しいと協会に要望を出しています。しかし協会は主催者としか交渉しないと、テレビ局との間では話し合いすら行われていません」(ツアー関係者)

今大会は有料ネット配信があったが、スマホやパソコン操作に不慣れな年配ゴルフファンには視聴方法がよくわからないと不評だった。女子プロ協会の強硬姿勢が、渋野の快挙を“見えないモノ”にしてしまった罪は大きい。ファンが一番の犠牲者だ。


関連記事






この記事への反応

  • テレビ局が女子ツアーを支えてきた云々は別にしても、ファンとしてはネットとテレビの共存の道を探って欲しいところです。
    ネットだけの中継になってしまえば、高齢世代が離れてしまい、テレビだけでも若い世代が離れる。
    テレ東さんのようにネットもテレビも両方やってくれればファンとしては安心して見られるからありがたいですね。

  • TV局側がゴルフの主催者スポンサーから制作費用を貰い、かつ、CM枠をスポンサーに売りつけて、いわばリスクなしの「丸儲け」の状態で放映しているのが実情。
    それに心あるスポンサー(例えばアース)が、昨今の女子プロゴルフ人気の高まりと相まって、このような仕組みに反発しだしています。今回のスタンレーも多分そう。
    JLPGAも、売れるようになった「放映権」を一括管理し、TV局から「放映権料」を徴収して選手のためや育成、普及等の原資にしようとしているが、TV局が反発しているという状況。
    たしかに、不人気であった頃にTV局に「お金を払って」でも放映してほしかった時代もあったが、いまや人気沸騰で試合数も賞金総額も増えている状況なので、こんどはTV局がお金を払う番でしょうが、それが嫌なのでTV局は放映しないだけです。
    TV東京系列のように、TVとネット配信の両方をやってくれるのが良いと思う。

  • 昨日の試合が、地上波で見られなかったのは、残念でした。
    大人の事情って、難しいですね。
    プレーヤーにとって、ファンにとって、良い方向に進んでほしいです。
    その結果が、協会やTV局にも納得のいく良い落としどころであればいいと思います。

  • 毎回毎回違う有料放送CHでされると困るけど、年間で一つの会社と契約して放送してくれたら定額で誰でも見れるようになれるので早くそうなって欲しい。
    実際、米PGA、米LPGA、欧州ツアーは見たいなら一つ視聴契約すれば全試合見れるんだから日本は既得権益に胡坐かいてる人達の抵抗が強く中々進まないが近い将来そうなる事を望みます。
    今更ライブでも無いスポーツ観戦とか時代遅れも甚だしい。

  • LPGAの会長を元選手のおばちゃんじゃなく
    メジャーリーグのようにやり手の経営者に変えたらもっともっと収益上がると思う。

  • いろいろ事情はあると思うけど、ファンを無視した行為だよね。
    TV放送も男子のようにやったりやらなかったりすると追いかけなくなるし、選手からしてもだったら米ツアーに挑戦とか考えるし、スポンサーも離れてしまうと思う。
    気がついた時にはもう…って事にならない事を祈ります。

  • 協会の会長次第かも知れないが、いろいろな仕組みの提案はある。
    どちらか一方に肩入れしたら、もの別れになるのはビジネスでは当たり前。
    間を取り持つ企業はないのだろうか?

  • TV局の時代錯誤的横暴で利益を独占しようとする。
    協会がスポンサーを見つけてネット配信してくれればいいが妨害がありやりにくいのだろう。
    心意気のあるスポンサーが欲しい。
    そして視聴者はその企業を支援することが必要だ。