picture

情報元

2年ぶりVの渋野日向子 涙の理由は「嘘なんじゃないかなと思って…」【一問一答】
<スタンレーレディス 最終日◇10日◇東名カントリークラブ(静岡県)◇6592ヤード・パー72>

大混戦となった今年の「スタンレーレディス」は、ツアーでは15年ぶりとなる4人のプレーオフを制した渋野日向子が栄冠をつかんだ。優勝インタビューでは海外メジャーを制するなど絶好調だった2019年と、今の自分を比較しての葛藤や、取り組んできたことなど様々な思いを口にした。以下、一問一答。

―優勝しての今の気持ちは?
久しぶりのプレーオフでしたし、緊張感があるなかでの優勝争いは久しぶり。勝つのも2年ぶりでした。プレーオフも緊張しましたが、最後まで自分らしくプレーできたと思います。

―2年ぶりの優勝。ここまで遠ざかると思っていましたか?
正直、去年は2019年の自分を超えることは難しいんじゃないかなと思っていました。なんだかんだ試合をやり続けてという感じになっていました。

ですが、ここ最近の自分なら19年の自分を越えられるのでは、とちょっとずつ自信を持てるようになりました。やっと優勝争いを何試合かできるようになってきて。そのなかでも勝ちたいという欲を抑えて、一打一打に向き合ってやってきた甲斐があったと思います。

―きょうのラウンドは後半に伸ばしましたね
スタート時は2打差でしたが、前半は安全に行こうと思っていました。(チャンスホールの)3番でバーディを獲れずにやばいと思いましたが、8番で獲れてまだチャンスがあると思った。10番でボギーがきて、「これではやばい」と思ってそこから気合いを入れました。

―18番は正規のラウンドでもプレーオフのラウンドでも3打目をピタリとつけました スイングを変えてからウェッジの練習をかなりやってきていました。きょうのラウンドの最終ホールとプレーオフの2ホールは、自分の練習してきた距離が残ることが多かった。練習を生かせてバーディを獲れてうれしかったです。

―優勝が決まって涙が出ていましたが
正直、ここ何試合か上位で争うことはありましたが、勝てるとは思っていませんでした。嘘なんじゃないかなと思って涙が出ました。

―この勝利で完全復活と言っていいですか?
そう思いたいですが、自分にプレッシャーをかけすぎないように来週から切り替えてやっていきたい。

―ファンへメッセージ
大会を開催してくださった皆様、本当にありがとうございます。こんなにうれしい気持ちで終われると思っていませんでした。来週から気を引き締めて頑張ります。


関連記事


この記事への反応

  • 渋野日向子選手 おめでとう!
    5位発進だったんで、行けるかな!と思ってたけど、優勝できて本当によかった。
    これまで色々と批判されてたけど、渋野日向子選手の頑張りを見てきていたので、本当に嬉しいです。
    これからも応援しています。

  • 非常に辛かったと思います。
    周りの雑音や焦りもあったと思います。
    乗り越えて優勝したのは大きい。
    本当に良かった。

  • ハウスキャディさんも良かったよね。こんな場面に一緒にラウンド出来るなんて。
    何よりも渋野さんだけど、キャディさん含めて二人ともおめでとう!そしてありがとう!

  • シブコ優勝おめでとう!これまでの苦労が報われましたね。
    これからは、優勝インタビューで語った一昨年の強かった貴女を超える活躍を祈念します。

  • 本当におめでとうございます。
    誰がなんと言おうともずっと応援してましたし、これからもずっと応援します!

  • やっぱり持ってる。
    優勝おめでとうございます。
    アメリカでも頑張ってください。

  • なんかねぇ、このコメント聞いて涙が出そうだよ。辛かったんだろうなぁ。
    この勝利でだいぶ気持ち的にも楽になり今後の試合に出れるんじゃないでしょうか。

  • 1日テレビに釘付けで応援したかいがあった。
    感動ありがとう。
    涙の優勝おめでとう!