picture

情報元

“なあなあ”になりがちなロストボール
厳密な運用がフェアプレーつながる
どうなればロストボール(紛失球)になるのか?

ゴルフ規則18「ストロークの距離の救済、紛失球」の2a(1)には「球が紛失となる場合。プレーヤーまたはキャディーが球を探し始めてから3分以内に見つけることができなければ、紛失となる」と書いてある。

ちなみに“3分以内”の制限時間は、打ち込んだと思われるエリアに着き「さあ探しますよ」という時点からカウントされる。従来は5分だったものが19年1月1日から、プレーファーストの観点に立ち、競技のスムーズな進行を目指して短縮された。

24日のパナソニックオープン第2ラウンドで、アマチュアの河本力(21=日体大4年)がロストボールの憂き目に遭った。16番パー5、左ラフからの第2打が右OBゾーンに飛んだ。暫定球は左林方向に飛んだ。ロストしたのはその暫定球で、現場に居合わせた競技委員が時計で計測、キャディーが球を発見したが、競技委員は計測時間を「3分10秒」と示し、タイムオーバーと判断。河本は打った地点に戻り、OB、ロストの1罰打などを加えた6打目を行い、グリーンに乗らず、7オン2パットの「9」になった。

責任は当然、ロストするような場所に打ち込んだ河本にある。記者はたまたま現場にいて、一緒に球を探した。河本は無念そうで、競技委員は気の毒そうだったが、規則上問題なかった。ただ1つ、しっくり来なかった。競技委員が河本に、計測の開始を告げなかったことだ。

海外のメジャーなどでは競技委員が1組に1人帯同するが、JGTO(日本ゴルフツアー機構)のツアー競技はコースに4人しかいない。国内女子でも似たようなものだろうし、選手から救済措置などの確認を受けたい旨の連絡があるとカートに乗って現場に出向く。つまり今回、河本の組に居合わせたのはかなりの偶然だ。とはいえ、せっかく居合わせたのだ。なぜ「今から計測しますよ」と本人に言わなかったのか?

JGTOに確認すると、競技委員は河本に「3分たちましたから(打った地点に)戻りましょう」と計測終了は告げたという。ただ、河本はわずかの差で球が見つかったこともあり「いつから計測したんですか?」と質問した。同組の山下和宏が、競技委員がストップウオッチを押した瞬間を見ていたため、計測に問題がなかったことは“立証”されたが、後味の悪さは残った。

ゴルフは選手が審判だ。ミスをした時「潜在的な利益を得ない」ように対処せねばならない。しかし、競技委員がいない状況で球を探す時、自ら「今から探します」と宣言、時間通りに「3分たちました。諦めます」と周囲に告げる選手が何人いるだろう? 多くは“なあなあ”で「3分ぐらい」と判断、微妙な時間で球が見つかれば、そのまま無罰でプレーするのではないか。それは決して良くないことだ。

JGTOに聞くと、球探しの現場に競技委員が居合わせた際、当該選手に「計測開始」「計測終了」を告知するかどうかは、当事者の裁量に任されている。

プロを相手に生意気ながら言ってみた。「競技委員が選手に要らぬ疑念を持たせず、厳密に規則を運用することが、選手の意識向上にもつながるんじゃないですか? そういうコンセンサスをとった方がいいんじゃないですか?」-。

JGTOからは「おっしゃる通りです」と回答をもらった。


ロストボールだけでなく、すべての規則が正確に、わだかまりなく運用されることがフェアプレーにつながると思う。


この記事への反応

  • ロストになる要因としてアマ(競技志向の方は除く)の多くは自分の飛距離を把握してない(又は過信している)からでしょうね。

  • アマチュアは球がどこに行くかわからないので、本人はもちろんのこと同伴競技者も後方からしっかり球の行方を見ることによって、ロストボールやスロープレーを防げます。
    みんなの協力が大切だと思います。

  • 「捜索入ります!」と宣言して、探しに入ればいいだけの問題。
    本人が捜索スタート時間をウヤムヤにしたい気持ちがあるからこうなる。
    競技ゴルフにおいては、基本的に何でも宣言しておけば問題はおきない。

  • 昔、古閑美保がゴルフ番組かなんかで、8つの目で見てるのにロストすること自体が恥ずかしいって言ってたなぁ

  • 戻って打ち直すほうが遥かに時間がかかるのだから
    正式に2打罰でそこから打てるようルール改正すべきだろ。

  • 観客がいたらここにあるって教えてもらえるんだろうな。

  • 競技員の計測開始を確認しない選手にも落ち度あるしな。
    人生をかけている1打だから、ナーバスになるのも分かるけど。
    選手も競技員もお互いに確認しあう作業が必要ってことですね。

  • 競技のときは競技委員が探してやれよ