picture

情報元

渡米前最後の石川遼と大会史上初の3連覇かかる今平周吾が同組に 小平智は2021年国内初出場
<ブリヂストンオープン 事前情報◇5日◇袖ケ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県)◇7119ヤード・パー71>

7日(木)から行われる国内男子ツアー「ブリヂストンオープン」の初日の組み合わせが5日(火)に発表された。

10月19日から始まる米下部ツアー、コーンフェリーツアー予選会に出場予定で渡米前最後の戦いとなる石川遼は、18年、19年の覇者で大会史上初の3連覇を目指す今平周吾、17年大会の覇者・時松隆光と同組に。歴代覇者2人とのラウンドで予選会に向けてさらに調子を上げたいところ。

昨年の「フジサンケイクラシック」以来となる国内男子ツアー出場の16年大会覇者・小平智は谷口徹、宮本勝昌のベテラン勢2人とスタート。前週の「バンテリン東海クラシック」を制したチャン・キム(米国)は、藤本佳則、ソン・ヨンハン(韓国)のグループ。下部ツアーで3勝を挙げて前週からレギュラーツアーに昇格している久常涼は幡地隆寛、清水大成と同じ組になった。

そのほか、金谷拓実は堀川未来夢、片岡尚之と、宮里優作は木下稜介、比嘉一貴とティオフする。


関連記事








この記事への反応

  • 海外に行くのは勝手だけど予選落が続いて、また日本でと言う事は止めてもらいたい。一ファンとして、切に望む。何とか海外で実績を残すよう頑張って欲しい。

  • スイング改造したから海外でも期待できるかもな
    結果は不明だが

  • 小平選手、こっそり帰国していたんですね。
    アメリカツアーは完全に撤退するのかな?

  • 遼、旅立ちの時。この目に焼き付けよう。

  • 遼君の米下部組織予選会参戦は、寂しい気持ちと応援する気持ちと半々で正直複雑です。然し、遼君が決めた事、今まで以上に応援したいと思う。

  • 先週、先々週と優勝争いとは程遠い成績だったにもかかわらず「さらに調子を上げたいところ」とは、全くもって意味不明。
    米下部ツアーの予選会とは言え今の石川には非常にハードルが高く、通過できる確率は極めて低いと言わざるを得ない。

  • 天才石川、秀才今平、鬼才小平の頂天の戦いが凄く楽しみでワクワクする!
    全ゴルファーがテレビに釘付けだ。

  • 遼くん、髪切ったかな〜