picture

情報元

石川遼、米下部ツアー予選会に丸山茂樹「あと1年ぐらい様子を見てもよかったのかな」
ゴルファーの丸山茂樹さんは、石川遼選手が今後目指す米下部ツアー挑戦の報道に持論を展開する。

8月のマルジュニアの中学生・高校生男子の部で総合優勝した本(もと)大志選手(16)が、AbemaTVツアー「PGMチャレンジ」(9月15~17日、茨城・PGM石岡GC)で14位に入りました。

僕らの財団からの推薦選手として、素晴らしい結果を残してくれました。高校1年生、よく頑張りました。ゴルフIQがすごく高い子なんだなと感じましたね。感謝の手紙もいただきました。

こういうステップアップはうれしいです。スタッフのみんなの意識も高まるし、マルジュニアの株も上げてくれました。

国内男子ツアーの「ANAオープン」(9月16~19日、北海道・札幌GC輪厚C)は、44歳の矢野東(あずま)が最終日最終組で回りました。13年ぶりの優勝かと注目されましたが、終わってみれば5位でした。

優勝への思いは非常に強かったでしょうね。ただ、久しぶりにああいう位置でプレーすると、なかなか昔の勘が出てこないと思うんでね。ああいう機会を増やすことが大事かなと思いますね。本人も上位で戦えたことに喜びを感じてるのが一番じゃないかな。

そういう喜びが体に伝わってくると、またそれがエネルギーとなって、ゴルフに対する意欲が湧いてくるという相乗効果もありますから。東にとってはまた、ANAオープンが思い入れの強い試合になったんじゃないですかね。

石川遼にとっては30歳になって最初の試合。16位でした。試合のあと、遼が10月の米下部ツアーの予選会に参加するという報道が出ました。もちろん、彼が2013年から17年まで主戦場にしたPGAツアーに戻るためです。

このへんはすごく難しい問題なんですよね。本人が自分の中で「非常にいい感触があるから30歳を機にもう一回向こうでやりたい」っていう形だったら非常にいいと思うんですけどね。ただ、ちょっとでも不安があると、いまは下部ツアーですら強豪が多いので。

もう、「いまの自分を試す」という若さじゃないのかなと。僕らのときは30代が自分を試す時期だったんですけど。いまは10年ぐらい若くなってるんで。20代前半でアメリカで自分の実力を試したいというなら分かるんですが、30になったら自分の持ってるものを惜しみなくぶつけて、どういう戦いができるか、というのが本当だと思うんですね。

一から新たな挑戦者になるというよりは、もっと自信を持った上で行くのも手なのかなと。だから今年じゃなくても、ちょうど改造したスイングが仕上がってきてるんで、あと1年ぐらい様子を見てもよかったのかなというのが僕の意見ですね。


でも本人がそこへ向かっていきたい何かがあるのなら、それは自分が決めた道なんで、誰も反対することはないと思います。何かをつかめれば最高だし、また打ちのめされて戻ってくるにしても、すべては遼が決めたことなんでね。

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表監督を務めた。セガサミーホールディングス所属。


関連記事










この記事への反応

  • 一生様子見でも、ゴルフ界には何の影響もない。

  • 石川のPGA下部ツアー挑戦 やってみればわかる
    今の状態では 甘い考えはおそらく打ちのめされるだろう

  • まぁ100%通過しないと思うので、その時にどんな言い訳が出るか楽しみだ♪

  • まあ事業もしてお金にも困ってないだろうし、経験を増す意味で今後のゴルフに役立てばいろいろチャレンジして良いと思う。
    タイミング的に本当にQTチャレンジだけが目的なのか? 微妙な気がする。

  • 丸ちゃんが言ってもね。国内シニアに挑戦も恥かいて即撤退した人だもん。挑戦者を称えましょう。

  • 下部ツアー挑戦は建前で、本当の目的は違う所にあるとみた。税金対策、その他諸々。

  • 万が一、予選会を受かっても向うの下部ツアーはレベルが高く
    予選カットが多くなるのでは(以前もそうだった)

  • 遼君なら充分なサポーターが同行するから試合に集中出来るだろう。