picture

情報元

中島啓太、注目プロ転向は「早ければ来年7月」史上初アマ2勝へ挑戦続ける
国内男子ツアーのパナソニックオープン(26日最終日)で史上5人目のアマチュア優勝を飾った中島啓太(21=日体大3年)が29日、史上初のアマチュア2勝について「誰も成し遂げていないことなので、魅力は感じます。チャンスがあればやってみたいです」と語った。

注目のプロ転向時期を「一番早ければ、来年7月の全英オープン(14~17日、英国・セントアンドルーズ)後ですけど、大学のこともあるので11月の試合が終わった後か」とした。
当面は日本オープン(10月14~17日、滋賀・琵琶湖CC)出場が決まっており、日本開催の米ツアー・ZOZO選手権(同21~24日、千葉・習志野CC)に主催者推薦出場の可能性もある。今後もツアー競技から推薦オファーが殺到すると思われ、快挙達成の可能性は十分にある。

この日はバンテリン東海クラシック(愛知・三好CC西C)開幕前日で金谷拓実(23)石川遼(30)と練習ラウンドを行った。「まだ全然(優勝した)実感がないんですが、遼さん、金谷さんとできて楽しかったです」。26日の優勝後はまず阿久津未来也から連絡があった。続いて「ずっと背中を追いかけてきた」という金谷から移動中に電話が来て「勝っても驚かないけど、うれしいよ」と祝福を受けた。家族は少しドライな対応で母美智子さんに電話すると「これから仕事だから後にしてくれる」といなされ、長姉由貴さんには「泣きすぎよ」。中島はやりとりの様子を「まあいつものことなんで」と苦笑いしながら明かした。

パナソニックオープンは、戦略的な城陽CCのパー3以外14ホールすべてでドライバーを握った。11月のアジア・パシフィック選手権など将来を見据えた“ドライバー縛り”のマネジメントは、今週も基本的に継続するつもりだが、3、14、17番のパー4に限っては刻む可能性もある。「持ち球(フェード)と逆のドローが必要になる。スイングを変えて、崩したくないので」。前日28日、ナショナルチームのガレス・ジョーンズヘッドコーチと相談して、無理をしすぎない方針を固めた。

「今週も挑戦を続けることが目標。しっかりドライバーを振っていきたい」。男子ゴルフの新星は、ブレずに自分のスタイルを貫いていく。【加藤裕一】


関連記事




この記事への反応

  • 全米OPも全英OPも出られる、何ならもしかしたらマスターズも出られるかもしれないわけだから、そこで大きく爪痕を残してきてほしい。
    とりあえず、石川遼には近づいてほしくないな…。

  • プロテスト受けずにプロになれるならすぐにでもなったほうが稼げると思うんですが素人ながら、学生プロですね、学校は卒業したほうがいいですよ。男子は競技の数が少ないからね。

  • 優勝賞金がもらえないのはもったいないけど、スポンサーはつくから費用面は問題ないのでしょう!

  • プロもそうですが、早くアメリカに行った方がいいのでは?
    最近は女子しか観ていなかったので、賞金ランキングを見て驚きました。
    国内男子の1位が、国内女子だと13位の賞金ランクに相当・・・
    今の国内男子では優勝賞金が1千万の試合もあるんですね。
    20年前では考えられなかった事です。

  • 国内でプロになるのは早々に切り上げてアメリカで戦うべきかと思います。