picture

情報元

台風接近中!雨でゴルフ場の直前キャンセルは許してもらえるの?
3組以上の予約の場合は要注意

「明日は雨か……。ゴルフ行きたくないなあ。キャンセルできるかな?」

天気しだいでテンションが一気に下がることって、ありますよね。雨の日のラウンドはビギナーにはきついし、そもそもゴルフ場へ行くだけでも大変。二の足を踏んでしまう気持ち、分かります。大事なのは、早めに仲間と相談し、プレーしないと決めたら速やかにゴルフ場へ連絡することです。

キャンセルできるか、できないか、ということでいうと、ゴルフ場のプレー予約はキャンセルができます。
ただ、それぞれのゴルフ場にキャンセルポリシーがあることを頭に入れておかなくてはなりません。公式サイトに明記されていることが多いので、ウェブ予約をする際は「日にちとスタート時間をポチッとして終わり」ではなく、代表者は必ずキャンセルに関する注意事項に目を通しておきましょう。もしキャンセルする事態が生じたら、それに従って必要な行動をとるのがマナーです。

ここで一つ、ゴルファーなら覚えておいて損はしない情報をお伝えしましょう。雨と聞くと6月を連想しがちですが、実は1年中で最もよく降るのは“9月の長雨”といわれる今の時期なのです。半信半疑で気象庁のホームページに載っている東京の月間降水量を元に過去10年の月間平均値を計算したところ、やはり最も多いのは9月(294.40mm)でした。次いで10月(235.49mm)、6月(200.95mm)。台風の影響もありますが、ゴルフシーズンの9月、10月こそ突出して雨がよく降るのです。

レイングッズをキャディーバッグに入れっぱなしの人は、いざという時ちゃんと使えるように、一度確認しておいたほうがよさそうです。

さて、話を戻しましょう。キャンセルポリシーがどのようなものかというと、たとえば神奈川県の鎌倉パブリックゴルフ場では、「1組か2組で予約された個人のお客様は、当日でもキャンセル可能です。連絡があればキャンセル料はいただきません。ただ、コンペの場合は、キャンセルの連絡は原則プレー日の1週間前までにお願いしています。1週間を切って3組以上のキャンセルが出た場合は、1組につき1万円のキャンセル料を申し受けます。とはいえ、当日鎌倉市に大雨警報が出ていればいただきませんので、ピンポイント天気予報や雨雲レーダーなどを確認のうえ無理せず判断してください」(同コース統括責任者・手塚勇貴さん)といいます。

このように、コンペのキャンセルは数日前まで。個人の予約はわりと直前でも受け付けてくれるケースが標準的なようです。コンペの予約は多くの組数のスタート枠を“仮押さえ”するわけですから、キャンセル料についても致し方ない側面があります。一方、個人の予約は直前でもキャンセルを受け付けてくれるところにゴルフ場のやさしさを感じます。直前になって予想以上に雨足が強くなることもありますし、また特に女性ゴルファーの方には、天候の変化にともなう気圧によって急に体調が悪くなる方も見受けられます。天候や体調が悪いときにありがたい配慮です。

ゴルフ場は1組でも予約が入っていればオープン

いずれにしても、ゴルファーが一番にすることは、ゴルフ場への予約のキャンセル連絡です。電話でもウェブでも、プレーしないと決めたら早めに、確実に、ゴルフ場へ伝えることが大事です。関東のあるゴルフ場関係者はキャンセル連絡の重要性についてこう訴えます。

「9月9日は1日雨が降りましたので、当初40組あった予約は8組になってしまいました。しかし、キャンセルの連絡は2日前から当日までにすべて入り、混乱はありませんでした。ゴルフ場は予約があれば1組でもオープンしてお客様をお待ちしますので、早めに連絡していただくと助かります

故意ではなくても連絡を忘れることのないよう、すぐ連絡ができない時はリマインダーアプリやアラームをセット。自分が直接ゴルフ場へ連絡できない場合は、仲間に代わってもらうよう頼んでもいいでしょう。次回利用する際に気まずい思いをしなくて済むように、ゴルフ場のスタッフへの気遣いも忘れないようにしたいものです。


この記事への反応

  • 海外のゴルフ場は当日フリー受付制度がほとんどで、プレー出来るなら駐車場で着替えて靴履いてバック担いでサッとスタートという感じで、当然スループレー。
    日本にもこういうゴルフ場が欲しいものだ。
    カートなんて使わず手引きでいいし。キャンセルなんて概念無しだし。
    雨のキャンセルは日本でも許されると思う。
    心配なら、ゴルフ場は予約者に前日電話してプレーする意思を確認すれば良い。
    ただし、当日キャンセルはまずいと思う。

  • 基本的に自己都度の場合はコースによって1組でも直前(前日など)だとキャンセル料がかかる場合もある
    電話で直接聞いてみるのが現実的だろう
    積雪などプレー不可でクローズ以外は組数に関係なくキャンセル料がかかる可能性があると心得ておくことが懸命だと思う

  • 雨では無いけれど、緊急事態宣言が発令されて県と県を跨ぐ移動自粛のとき、前日だったけど、問い合わせ電話をしたら快く無償でキャンセルを認めてくれました。
    ゴルフ場がクローズにならないのに、無償キャンセルを認めてくれるのは珍しいケースだと思いました流石、チャンピオンコースだと思いました。
    一般的にはゴルフ場がクローズにならない限り無償キャンセルは難しと考えておいた方が良いでしょう。

  • 先日の台風接近時、土曜日プレイでしたが前日にキャンセルを申し出てノーペナでした…ゴルフの厚意に感謝です。栃木県のアゼリアカントリーヒルズさんです。

  • ゴルフ場の経営方針によって差は感じられますね。
    またお願いします。と快く受けて頂くゴルフ場もあれば、規則ですのでとキャンセルフィーを要求されるところもあるので事前に予約の際確認しておいた方が良いですね。
    むろんキャンセルフィーが無ければそれに越したことはありませんが、常に確立としてはあると認識していれば間違いはないですね。

  • 大雨や急な事情で直前にキャンセルする場合、私は日程の変更を同時にお願いすることにしている。
    天候という自然現象で仕方ないがお互いに気持ちよく対応したい

  • キャンセル料を取り続ければ嫌気がさして予約しなくなるよ。
    最近は直前以外はキャンセル料取らないところが増えてるよ。

  • ゴルフはマナーのスポーツ。
    そこんとこが最優先。