picture

情報元

国内女子プロテストは福島での第1次予選がスタート 注目選手も多数参加
<JLPGAプロテスト第1次予選 A地区 初日◇25日◇五浦庭園カントリークラブ (福島県)>

きょう25日からA地区での第1次予選が行われる。ここでの上位者が、10月に3地区で行われる第2次予選へと進む。

現在行われている全国高等学校ゴルフ選手権の2018年個人戦優勝・和久井麻由や、20年「伊藤園レディス」ローアマの政田夢乃といった2000年度生まれの注目世代もここに参加する。このほか現在レギュラーツアーで活躍する臼井麗香の妹・蘭世(らんぜ)、ツアーへの継続的な参戦経験のある今綾奈や、乗富結、越雲みなみ、上野陽向らがエントリーしている。

今年は6月まで新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期された20年度ぶんのプロテストが行われ、現在行われているのは21年度のもの。5地区の第1次予選、3地区の第2次予選を突破した選手らは、11月に京都府の城陽カントリー倶楽部で行われる最終プロテストに臨む。


関連記事


この記事への反応

  • 厳しい戦いかと思いますがみなさん頑張ってください
    自分の実力を出し切ってくれるといいな

  • たとえ合格しても生き残れるのはひと握り。
    近年の女子レベルはひと昔前の韓国独壇場ではない。
    最終予選アンダーパーでやっとどうかなレベルだと思う。

  • 色々意見はあるものの、全ての方が合格するわけではないし、合格しても全てが華やかに活躍するわけでもない。でも、チャレンジしている姿、頑張っている姿には感動するし、アスリート特有の感動を覚える。
    諦めたらそこでツアープロの道は途絶える。厳しい世界だけど、諦めずにチャレンジし続けて欲しい!

  • 参加資格にハンデ5以下が目安とあるが、過去の実績的に一次での通過は10人で十分だと思う。
    毎年一次のカットラインはレベルが低すぎる。
    まぁLPGAもビジネスだからなるべく多くの人に二次に進んでもらって受験料で稼ぐ意図があるかもしれないが。

  • ジャンボ軍の優等生和久井嬢が出場だ、本当は春に佐久間と同時合格を狙ったんだが、故障であとになった、頑張ってほしいものだな。

  • 井上梨花って既にテスト上がりだと思っていた。27歳だし経験豊富だし問題ないか!

  • 頑張れ!越雲みなみ!まずはステップアップツアーでの活躍が観たいです。

  • 今年鈴木愛が優勝した時、バッグを担いでた飛田愛理に注目だな。