picture

情報元

10ホールで7ボギー 稲見萌寧がまさかの敗戦「ズルズルいっちゃった」
<CAT Ladies 最終日◇22日◇大箱根CC(神奈川県)◇6638ヤード・パー72>

強風がコースを襲った大会最終日。首位から出た稲見萌寧は2バーディ・7ボギーの大荒れゴルフでスコアを5つ落としトータル5アンダーの2位タイ。1アンダーで回った小祝さくらに1打及ばず、無念の敗戦となった。

前日も決してよかったわけでない中で初日の貯金もあって単独首位をキープした。ところが、この日はバーディが2つ先行した前半最終ホールから悪夢の4連続。さらには16番からの3連続ボギーと流れを食い止めることはできなかった。

「前半は距離がいい感じで打てていた部分があったんですけど、後半、全部中途半端なところだったりだとか、番手がピッタリなことがなくて、そこで悩んでミスしてしまったりとか、そういう感じだったので、無理だったなという感じですね」

7番までは、東京五輪の銀メダリストが今季7勝目に向け盤石の体制を敷いたかに見えたが、誰がこんなドラマを予想しただろうか。「10番で短いパーパットを外して、そこからズルズルいっちゃったというのはありますね」と、ミスの連鎖を防げなかった。

稲見にとって、最終日を首位で迎え逆転を許したのは、6月の「宮里藍 サントリーレディスオープン」以来2度目。「とりあえず、きょう風で結構大変だったので、明日、ちょっとスイングを見直したいなって感じですね。しょうがないかなって感じです」と次戦に向け気持ちを切り替えた。

勝てるだけ勝ちたいと常々口にする稲見。今回は小祝に2週連続勝利を献上してしまったが、敗北を糧とし、さらに強くなって帰ってくるはずだ。


関連記事


この記事への反応

  • 稲見プロ、こういう日もありますよね。
    また頑張ってください。

  • かなりショックな負け方だったと思うけど、冷静にインタビューに答えているのは好感がもてますね。
    回った時間帯の少しの違いで、運不運もあったでしょう。
    切り替えて、練習重ねて頑張って

  • こんな負け方は誰でもイヤに決まっている。
    でも長いツアーゴルフではいろんなことがあるはずです。
    まだデビュー2年目ですよ、ちょっと躓いてドブにはまったと思えばよいこと。
    五輪のような凄い時もあれば、とんでもないヘマをすることだってあるかもしれません
    次回の活躍を期待しています。

  • 「小祝すごいな!」と思ったら、稲見の自滅だったのか…。ゴルフって、風や天候の影響も受けるし、自分の調子、メンタル、回る時間帯…難しい競技だなぁ。

  • 銀メダリストでも負けることはあります。タイガーや名立たるプロゴルファーだって負ける大会もありました。負けた悔しさを糧に練習をして、次戦に臨めば良いと思います。

  • まぁこうゆう試合もあるよ。次回又頑張って下さい。
    応援してます。

  • えー、まさか!
    でも応援しています。
    次こそ優勝を勝ちとってください。

  • 切り替えてまた来週頑張りましょう!