picture

情報元

小祝さくら“大人の事情”で全英欠場も
「残ったからには日本で結果」自身初2週連続Vに気合い
国内女子ゴルフCATレディース(賞金総額6000万円、優勝1080万円)が20日から22日までの3日間、神奈川県箱根町の大箱根CC(6638ヤード・パー72)で開催される。前週の軽井沢でシーズン4勝目を飾った小祝さくら(23)=ニトリ=は自身初の2週連続Vに挑戦だ。

3月下旬から賞金ランクトップを走り続けている小祝は、6月のサントリーレディス終了時点で出場権を確定させていたAIG全英女子オープンを欠場。「コロナの感染状況や所属会社のニトリレディス(来週開催)もあるので…。(日本に)残ったからには、しっかり成績を残さないと、という気持ちはあります」と気合が入る。

全英組のSNSなどを見て「すごいところだなと。ゴルフの聖地みたいな感じのコースには、やはり一度は行ってみたいなと思います」と、来年以降の挑戦にも思いをはせる。とはいえ、まずは国内。前週の優勝で一気に自信を取り戻し「特にパッティングは変わった」と好感触を口にする。

2018、19年とこの大会ではまだ予選通過がないだけに「まずは通過を目指して、初日で遅れないように」と控えめだが、2年前とはコースセッティングも変わった。前回までの大箱根CCはパー5が5ホールあるパー73設定。絶対的に“飛ばし屋有利”と言われてきたが、サービスロングだった13番が今回はパー4となり、V争いにも地殻変動が起こりそうだ。

2週連続優勝には「本当にすごいこと。達成できたら最高の気分だろうなと思います」と、ちょっぴり色気も見せた。


関連記事




この記事への反応

  • ニトリ側が小祝さくらを全英オープンに行かさずに日本に拘束したかのような意見も見られるが、そうではないでしょう。
    賞金女王を狙っていることや、コロナで帰国後すぐに試合に出られないことなど総合的に考えて、「コロナの今年については海外渡航するより国内を優先したい」と考えたのではないでしょうか?

  • 小祝プロなら慌てなくても大丈夫。
    大人の事情は別にして、実力は既に海外メジャーレベル。今シーズンはどっしり国内に腰を据え、ダントツでの賞金女王を目指しましょう。

  • 大人の事情で全英出られないのは分かっていました。
    でもその大人たちがもっと大きくならないと。さくちゃんのように。

  • 安定感のある小祝さくらのゴルフを海外で見てみたいね!来年こそは是非チャレンジしてほしいです

  • 絶好調なのにスポンサーの国内大会に出場するのか。。。
    小祝選手のキャリアを考えて欲しいね。

  • 海外は基本コロナ禍で控えてたから、ワクチンとか進んで来年様子見てでいいのかな?トリッキーなコース全英だしね!
    賞金女王争いもあるしニトリもあるし今年は国内専念ですね!

  • 単にニトリ所属というだけではなく、地元北海道での試合ということもある。

  • 海外メジャーの出場を喜んで送り出してくれないスポンサーなんかお断りしなさい