picture

情報元

無観客の閉会式、国立競技場の外にあふれた人々
57年ぶりに開催された東京五輪は、17日間の全日程を終えて幕を閉じた。閉会式でオリンピック旗が、東京都の小池百合子知事からパリのアンヌ・イダルゴ市長に引き渡され、聖火が消え、国立競技場のスクリーンに「ARIGATO」の文字が映し出された。

コロナ禍のため無観客での開催となり、閉会式も報道陣や関係者など、限られた人々しか席を埋めていなかった。派手な演出もなく、祭りのあとの寂しい気持ちでスタジアムの外通路に出ると、正面マンションのガラス窓に無数の携帯ライトが左右に揺れて輝き、交通規制された眼下の道路には多くの群衆がひしめき合っているのが見えた。まるで、内側と外側の熱気が逆転したかのようだった。

個人的には「やっと終わった」という長い2週間の取材だったが、緊急事態宣言下で開催された今大会の受け止め方は、人それぞれ違うだろう。

霞ヶ関CCで開催されたゴルフ競技では、稲見萌寧が日本勢初の銀メダルを獲得した。その事実は歴史に刻まれ、今後も消えることはない。サンライズレッドのジャージに身を包み、表彰台で銀メダルを誇らしげに掲げる稲見の姿を、「萌寧ちゃん、かっこいい」という言葉とともにSNSで拡散する若者たち。彼や彼女の心には、その姿が“憧れ”としてしっかりと焼き付けられた。

メダルには届かなかったが、「マスターズ」チャンピオンとして、日本のエースとしての期待を一身に背負ってプレーした松山英樹。「結果で言うと残念だけど、素晴らしいものを見せてもらった」と丸山茂樹ヘッドコーチはいう。「みなさんもあの場で1mのパットをやってごらんって言われたら吐きそうでしょ?背負っているものがすごく大きいだけに、最後の締めに比重が来るのがヒシヒシと伝わるというか…。でも立派でした」。はたして、メダルの有無は、その行為の価値すら変えるのだろうか。

霞ヶ関CCの最寄り駅、JR川越線・笠幡駅の改札から徒歩5秒のところに、野口屋という昔ながらの定食屋がある。70歳を過ぎた先代も健在で、幼少期はまだ囲いのなかった霞ヶ関CCに入り込み、10番や18番ホール脇にある池で、魚を釣って遊んでいたという。1957年(昭和32年)10月に霞ヶ関CCで「カナダカップ(現ワールドカップ)」が開催されて、中村寅吉と小野光一が優勝した。その後、この地から数々のプロが生まれ、全国へ散っていったことを教えてくれた。

記録に残る歴史があり、記録に残らない歴史がある。星野陸也が開幕の第1打を放ち、畑岡奈紗が持てる力を振り絞った2021年の東京五輪。毎年やってくるメジャー大会や、4年に一度のオリンピック。だが、自国開催のオリンピックは、一生に一度あるかないかだ。無観客は現場の臨場感を奪ったが、ボランティアや大会スタッフ、ホテル従業員やコンビニ店員、はたまた一人の観戦者として、皆さんも何十年も語り継がれる瞬間に立ち会った。記録に残らない歴史こそ、これからも語り継いでいく必要があるだろう。(東京都新宿区/今岡涼太)


関連記事




この記事への反応

  • この人達を見ると東京の感染者が4桁なのがわかる。全く危機感がない。五輪開催反対してた人も中にはいるんだろうな。

  • バカの骨頂ですね。
    これじゃ感染の広がりを抑えるどころか拡散しているようなものですね。
    国民の意識低下が感染を広げている。

  • 2週間後には、新規感染者が増えるよ!
    そうなったら自己責任。医療も受けられない
    自分で感染対策出来ない人の集まり。

  • オリンピックが悪いわけではない。
    無観客で行うと言っているのに、それを無視して勝手に競技場近辺に集まる行為や、感染を自粛して下さいと言っているのに、それも無視して勝手に感染に集まる。
    こういった行為が、結果的にオリンピックを悪者にしている。

  • まぁ、これが4桁になる現実だよね。

  • 感染覚悟できてるんてすよね。もちろん。感染して場合によって苦しむのは自分ですから。
    いっそのこと、治療は自己負担にしたら。

  • 極めて大事な時に、この密。

  • ここにいる全員は紛れもない馬鹿です。
    政権批判やその他文句を言う資格は一切ありません。