picture

情報元

なぜゴルフは「紳士のスポーツ」と呼ばれるようになったのか その理由に歴史的背景も
ゴルフはなぜ「紳士のスポーツ」と呼ばれるようになった?

ゴルフが紳士のスポーツと呼ばれるようになった経緯には、その歴史的な背景が大きく関わっているといいます。

まずゴルフの発祥の起源には諸説ありますが、14世紀頃にスコットランドの貴族の間で流行したことがスポーツとして発展していく契機になったとされています。

この頃からゴルフ場が貴族の社交場としての役割も担うようになり、このような背景がゴルフを「紳士のスポーツ」にしていった要因の一つだといえます。


ゴルフは貴族に愛されたスポーツとして発展してきました。しかし、そのことだけがゴルフが「紳士のスポーツ」と呼ばれるようになった理由ではないようです。

ゴルフには他のスポーツにはない特徴があり、そのこともゴルフを「紳士のスポーツ」にしている要因となっているようです。

ではその特徴とはいったいどのようなものなのでしょうか。

まず、スコアを競うスポーツとしては非常に稀だといえるのが、審判がいないということです。広いコースでプレーをするゴルフでは、不正をしようと思えばいくらでもできてしまいます。18ホールを通して、ルールの順守はプレーヤーの良心に委ねられているといっても過言ではありません。

次に、スコアが自己申告制だという点です。一般的なスポーツでは審判などの第三者がスコアをカウントするか、プレーヤー同士で確認することがほとんどだと思います。

しかし、ゴルフでは完全な自己申告制となっています。たとえば「空振り」はルールでは+1打を加算しなければなりませんが、誰にも見られていなければ申告しないということもできてしまいます。

このように、ゴルフでは全てのプレーヤーが紳士的にルールを守ることを前提にしているといえます。

そしてゴルフには世界共通のルールブックがあります。このルールブックでも「マナー」や「紳士的な振る舞い」について明確に言及されている点も特徴といえます。

スコットランドにある「R&A」という団体と、アメリカにある「全米ゴルフ協会」が共同でルールを制定しており、日本ではこれを「日本ゴルフ協会」が翻訳して公式ルールブックとして発行しています。

このルールブックには、ゴルフをプレーする際には「礼儀正しさ」「スポーツマンシップ」「洗練されたマナー」が求められると記載されています。


これはつまり、「全てのゴルファーは紳士であるべき」とルールとして明確に規定しているということになります。

レッスンプロ兼クラブフィッターの北野達郎氏は、以下のように話します。

「ゴルフはスコットランドが発祥の地と言われており、元々はスーツを着用した貴族達の社交のゲームでした。また、他のスポーツと違いルールの審判は自分自身であり、罰打の申告やスコアの提出など、自分に正直な人間性を問われるゲームでもあると同時に、ショットを打つ相手の前や後ろに立たない、相手のグリーン上のラインを踏まないといった同伴者へのエチケットも求められます。 こうした気遣いも求められるゴルフ特有の性質が紳士のスポーツと呼ばれるようになった所以といえるでしょう」

ゴルフのマナーにはどんなものがある

「紳士のスポーツ」と呼ばれているゴルフですが、それはつまりマナーをとても大切にしているということです。ゴルフを「紳士のスポーツ」として特徴づけているともいえるマナーですが、一体どんなものがあるのでしょうか。

ゴルフのマナーを知るうえでまず意識しておきたいことは、「他人へ迷惑を掛けない」ということが何よりも優先されているという点です。

ここで注意すべきなのは、一緒にプレーをする同伴者だけでなく、他の組のプレーヤーや、コース管理者への配慮も同じように重視されているということです。

そういった意味では、プレーが始まる前の段階からもマナーは存在しており、それらをしっかり守ることが求められているといえます。

まず、基本ですが非常に大切なことはスタート時間には絶対に遅れてはならないということです。万が一指定されたスタート時間に遅れてしまった場合、後続の組の進行が遅れてしまう可能性があります。他のプレーヤーに予期せぬ急かしたプレーを強いてしまうことは最もあってはならない事態の一つだといえます。

そしてプレー中のマナーでは、「安全を確保する」、「同伴者のプレーを妨げない」、「ファストプレーを心がける」ことが基本的な考え方となります。

危険を回避してプレーすることの必要性は言うまでもありませんが、同伴者が近くにいる時に素振りをしたり、ボールを打つ人の前に立っていたりということは起こりがちなので注意が必要です。

さらに、同伴者がプレーに集中できるような配慮も求められます。同伴者が打つ時には「視界に入らない」、「声を出さない」ことが基本的なマナーとなります。又、グリーン上では同伴者のパッティングのラインを踏まないようにしましょう。ライン上に自分の影が落ちてしまうことも同様に迷惑な行為となるので注意が必要です。

そしてコース全体への配慮という意味では、「ファーストプレーを心がける」ということは最も大切なマナーだといえるかもしれません。多くのコースではプレー時間の目安として「ハーフ2時間」が推奨されています。必要以上に時間をかける「スロープレー」は、最も嫌われるマナー違反の一つといえるので気をつけたいところです。

ゴルフは「紳士のスポーツ」と呼ばれていますが、歴史的背景が与えた影響だけでなく、明確にルール化もしている点は興味深いといえます。一方で、ゴルフには守るべきマナーが多い為、それが敷居を高く感じさせる要因にもなっているのかもしれません。

しかし、全てのマナーは他者への配慮を目的に生まれたことを理解すれば、必要以上に難しく考える心配はないといえるのではないでしょうか。


この記事への反応

  • 最近少しゴルフブームの兆しが見えてきだしましたが アマチュアゴルファーの先輩諸氏は ビギナーをコースに連れ出すときは ルールとマナーをちゃんと教えてからにしてください。
    それとゴルフアー保険の加入もお勧めします。万が一プレーヤーに傷害を負わせた時に役に立つと思います

  • プレイファストはマナーとして当然だと思いますが、ゴルフが紳士のスポーツではなく、一般化して様々な人が楽しめるようになったことによるラウンドの時間差との矛盾を解決していないと思う。加えて、売り上げを上げるためにプレイファストを利用している経営者も多い。
    利用者が多様化したのなら、これに対応して、ルールやマナーを全面的に見直して、全体の満足度を上げる努力をすべきと思う。

  • 某動画サイトがマナーを悪くしてるよね

  • スロープレーも悪いが、詰め込めすぎも悪いと思う。初心者スタートと作ってあげて

  • ドレスコードは「自分本位な行動はしませんルールとマナーを守ります」という意思を来場時に示すためのものだと思っています

  • 30年前に比べるとサラリーマンでゴルフしないと変人扱いされることが無くなったのが嬉しいなあ。
    ゴルフやると週末まで仕事になってしまうし金はかかるし。
    ゴルフ業界にとっては市場が小さくなって困った話だと思うけど、とてもいいことだと 思ってる。

  • 私はゴルフのプレーが超苦手。ゴルフが紳士のスポーツであるならば、ゴルフが苦手な人を無理やり誘うのやめてほしい。その日一日は時間の無駄、疲労しかない。

  • ジャンボ尾崎のように試合中にタバコを吸えるスポーツなんて無い。