picture

情報元

ゴルフ番組優勝でフォロワー急増 山本彩乃「プロテスト合格してチャンピオン大会に」
新型コロナウイルスのため延期された日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の2020年度最終プロテストは6月に終了、通算4アンダー20位タイまでの22人が合格した。確率「約3.9%」の狭き門だったが、壁に阻まれた選手の大半は、8月から始まる21年度テストに向けて練習を重ねている。彼女たちは何を思い、チャレンジを続けるのか。その素顔に迫る。

■20年度テストは2次で不通過「優勝の自信が気の緩みに」

2000年生まれ、いわゆるミレニアム世代の山本彩乃は、7月に入ってインスタグラムのフォロワーを700人以上増やした。理由はゴルフ番組「ゴルフサバイバル 7月の陣」(BS日テレ)で初出場初優勝を飾ったからだ。「反響の大きさにビックリしています。たくさんの方から祝福のメッセージが届き、研修生でお世話になっている下関GGC(ゴールデンゴルフクラブ)のお客さんやスタッフの方にも、『すごいね』『良かったね』と言っていただきました。収録は5月でしたが、また、うれしくなってきました」

ゴルフサバイバルは、出場選手10人が9ホールで競う番組。各ホールごとに最低スコアの選手が1人ずつ脱落していくルールで、ツアープロも参戦する中、山本は安定したプレーで頂点に立った。「特別に調子が良かったわけではないのですが、『序盤で落ちたくない』と思って、安全にプレーしていたら、最後まで残っていました。バーディなしで、最終ホールはボギーだったので少し悔しさもありましたが、賞金100万円はうれしかったし、何より自信になりました」

だが、その「自信」は、収録の2週間後に行われた20年度プロテスト2次予選で好材料にはならなかった。岡山会場の山陽GCで第1日に「75」で54位タイ、第2日は「77」を打ち75位タイに後退。第3日は雨天で中止になり、最終日は「69」で巻き返すも、通算5オーバーの46位タイで不合格となった。

「今思うと自信を持ったまま、2次に入ったことが気の緩みになり、第1日のスコアに出たと思います。1次に通った後、アイアンをカーボンシャフトからスチールシャフトのものに替えて、それがなかなかフィットせず、『ゴルフサバイバル』の収録前にカーボンに戻した経緯もあります。収録の時は、そこまで球は曲がらなかったのですが、スチールの感覚が残っているせいか、テストになって曲がったり、縦の距離が合わなくなったりで、第2日も立て直すことができませんでした」

アイアンを替えた理由は、最終プロテストを想定してのことだった。以前からカーボンシャフトでは「縦の距離」が合いにくいことに悩み、周囲に相談しても「スチールの方が合わせやすい」と同意されて決断した。だが、十分な試打を行わなかったことが、違和感につながっていた。「量販店で何球か打たせてはもらったのですが、コースで打たずに購入してしまいました。今思えば、お世話になっているクラブメーカーさんのフィッティングもちゃんと受けるべきでした…。テスト後は、前とは違う別のスチールシャフトにしてコースで打っています。これはいい感じです」

■「優勝」を境にさらに良くなった環境…「結果を出して恩返しを」

ゴルフは9歳で始めた。シングルプレーヤーの父親から「やるならプロを目指せ」と言われ、毎日ボールを打ち、坂道ダッシュなどのトレーニングも続けてきた。高校入学後は、理学療法士とトレーニングに取り組み、スイング作りもしてきた。そして、卒業後は同じ山口県宇部市出身でツアー1勝の広田悟プロから、コースマネジメントなどの指導を受けている。「今、お世話になっている下関GGCも悟さんからの紹介ですし、いい環境でゴルフをさせてもらっていると思っています。なので、両親、兄も含めて、お世話になっている方々に早く恩返しがしたいです」

ただ、プロテスト合格に向けた活動を継続するには、資金と「戦う場」が必要。その意味ではゴルフ番組で得た100万円は貴重で、この優勝をきっかけに「DSPE」(ツアープロを目指す女子ゴルファーを支援する団体)月例競技会への参加も決まったという。「友達の誘いを受けて番組に出ましたが、DSPEにも入ることができて、さらに環境が良くなりました。あとは本当に私が結果を出すだけです」

21年度テストの1次は、スケジュールの都合から香川会場の満濃ヒルズCC(8月18~20日)で受けることになり、2次は再び山陽GCでの受験を考えている。「私にとっての希望は、20年度2次テストの最終日、同じ山陽GCで『69』を出せていることです。今度こそ、1次、2次は余裕を持って通りたいです。そして、最終も通って、JLPGAの会員になって、『ゴルフサバイバル』のチャンピオン大会に出たいと思っています」

ドライバー平均飛距離240yd、復調したアイアンショット、「ほとんどカップをオーバーする」強気なパットも魅力。ゴルフ番組でファンを増やした21歳は、次こそ「合格」を勝ち取る決意だ。

この記事への反応

  • プロになったら人気でそうですね。

  • ゴルサバ出場からツアーにデビューする選手、増えてますね。
    いいきっかけとしてテスト合格、飛躍を期待してます!

  • ゴルサバ見てました。プロになるためには、もう少しドライバーの飛距離が欲しいかな?
    小技は上手かったので来年に期待しましょう!

  • かわいい

  • 番組では終始安定したいた印象。
    彼女が出ている回でいちばん期待出来そうなスイングしていたのが大西選手。
    初めて大西選手を拝見したのですが、フィジカルもあり飛距離も出せる印象でスイングもしっかりしている、しかしインタビューでプロにはならない感じの話でしたね。

  • ゴルフサバイバル見ています。

  • プロになる前からチヤホヤされてたら強くなれるわけないわなぁ。