picture

情報元

23歳の乗富結がプロテスト合格を目指しながらティーチングプロ資格講習を受ける理由
新型コロナウイルスのため延期された日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)の2020年度最終プロテストは6月末に終了、通算4アンダー20位タイまでの22人が合格した。確率「約3.9%」の狭き門だったが、壁に阻まれた選手の大半は、すぐに始まる21年度テストに向けて動き出した。彼女たちは何を思い、チャレンジを続けるのか。その素顔に迫る。

■10歳から感覚でプレー…「ちゃんと、ゴルフを勉強したかった」

23歳の乗富結(のりとみ・ゆい)は、20年度プロテストの2次を通過できなかった。茨城会場(ザ・ロイヤルGC)で受験し、カットラインに3打届かなかった。「初日に79をたたいたことが大きかったです。緊張でパットが打てず、普段通りのゴルフができませんでした。もったいなかったです」

計5回のプロテスト受験で最終に3回進出。2次での不通過は、高卒1年目で初挑戦した16年度テスト以来だった。ただ、同年は最終QT(ツアー予選会)で69位。2017年シーズンは単年登録選手として、ツアー7試合、ステップアップツアー14試合に出場している。「すごく楽しくて充実した一年でした。なので、早くあの場に戻りたいと思っています」

ドライバーショットは平均飛距離240yd、切れ味のあるアイアンショット、球筋はフェードで安定している。その実力はゴルフ番組でも発揮。今年は、ツアープロも参戦した「ゴルフサバイバル 4月の陣」(BS日テレ)で優勝した。周囲の評価も「2次で落ちるような選手ではないし、合格に近い選手の一人」で一致している。その一方で、本人は「ティーチング」の道も同時に歩み始めていた。

「実は昨夏、JLPGAティーチングプロの資格を取るためにテストを受けて、実技審査も通過しました。将来、ツアープロになっても、アマチュアの人を教える機会が多くなると思ったからです。ずっと感覚でプレーしてきたので、ちゃんと理論も含めて勉強をしたかったこともあります。ただ、A級の資格を取るには3年が必要で、2年目の今年はB級講習会を受けて、レポートを提出しています。先日は教本に示してあるグリップ、構え、振り幅でスイングするテストを受けました。来年はA級講習会を受けます」

A級講習会後には、あらためての実技審査(通過基準36ホール「166」以内)、面接、小論文提出のJLPGA入会審査が待っている。その上で、研修を受ける必要がある。乗富の場合、順調にいっても、正式にJLPGA会員になれるのは23年1月。そして、そこにたどり着くまでには、総合計204万2000円(JLPGA公式サイト掲載の諸経費目安)の費用もかかる。

■「2年後にQTを受けられるようにするためだけではありません」

なぜ、乗富ほどの実力者が、そこまで時間と費用をかけるのか…。理由のひとつは、「JLPGA会員」という位置付けの大きさがある。一般的に、女子ゴルファーがアマチュア資格を放棄すれば、JLPGAの非公認競技大会などで賞金を手にできる。しかし、多くの選手が「JLPGA会員になってこそ、真のプロゴルファー」という考えでいる。その意識が高まったのは、19年度プロテストを前に、QT受験資格の条件が、「JLPGA会員の資格が基本的に必要」と変更されたことが大きい。裏を返せば、ティーチングプロとしてJLPGAに入会しても、同会員であれば、QTを受験できるのだ。

乗富自身もこの規定を把握しているが、「2年後にQTを受けられるようにするためだけに、ティーチングプロの資格を取りにいっているわけではありません」。その上で「同級生で仲のいい永井花奈ちゃんとも、またツアーで一緒に戦いたいですし、8月から始まる21年度のテストで絶対に合格する気で練習しています」と言葉に力を込めた。

今後も「DSPE」(ツアープロを目指す女子ゴルファーを支援する団体)の月例競技会、ミニツアー大会出場を重ね、ティーチングの講習も受け続けるが、最も大事なのは21年度プロテスト。乗富にとって、17年度以来4年ぶりとなる1次予選は、福島会場(五浦庭園CC)で出場する予定だ。


この記事への反応

  • プロテストは複数日でいい成績を出し続けなければならないから大変だと思う
    1日だけならポッといいスコア出ることもあるだろうけどね
    頑張って欲しい

  • 確かに、ゴルサバ4月の陣では、正確に遠くへ飛ぶティショット、バンカーショット、アプローチ、パット全てが成長して頼もしかった。
    それでもプロテストの地道なストロークプレーでは、通じないのかとため息が出ます。
    キャラクターも周りをなごみ・楽しませますし、彼女のような選手はJLPGAに必要です。

  • ティーチングの資格取るのは大変だろうけど、プロテスト落ちても、200数万払ってQT出場の資格を買う?ってことか。保険だね、頑張ってね!

  • 今度はティーチングプロにはQTは出場させない規定に変わりそうだな

  • ソコソコ上手な人がプロテストを通過出来ないのは
    マネージメントと心の問題と思う
    ショットが100%に近ければスコアは出せる
    問題は50%の時にどう凌ぐかだと思う
    それも練習と経験だと思うがいかに

  • アマチュア時代、ナショナルチームに呼ばれるか、それに近いレベル、日本女子アマ、ジュニアで上位レベルじゃないと大変だろうね。最近の合格者見ればそういう傾向。

  • 基本、みんな親が金持ちなのかな。
    自分は稼がずとも生活できるとは。
    普通は3回目くらいでプロテスト合格できないなら、諦めると思うが、家庭的に恵まれているのだろう。

  • 乗富くんは応援しているので頑張って欲しいな。